低用量ピル服用で・・・

以前に低用量ピルの危険性について触れましたが、

(こちらの記事

先日、リアルで会えない久しぶりの友人と オンラインで話していて 彼女の体験に背筋が凍りました・・


友人の娘さんは、

家元を離れ、去年から一人暮らしです


いつもLINEなのに

珍しく電話がかかってきて

心配な症状を訴えます

急に蕁麻疹が全身に出たかと思うと

鼠径部に痛みが出始め

病院で診てもらっても

薬をのんでも

一向に治らない 程なくして、熱が出始め

痛みが増して歩けないと


数日後に仕事が入っていた友人は 「仕事明けでも良いでしょ?」

と娘さんに尋ねたところ、


「できたら直ぐに来てほしい」

との返事


仕方なく、

その日の最終電車に飛び乗り

地方から駆け付けたそうです


明日でもいいかな、

でも仕事があるので早めにと思い、

開いてる病院も無いので

とりあえず夜間救急へかかることに

・・・・・・・・・・・・・・・


その場で

下肢静脈に血栓が見つかりました

(痛みの原因)


既に肺にも複数個所

塞栓があり、

いつ呼吸が止まってもおかしくない状態との診断


「お母さん、覚悟してください」


・・・担当医のことばが宙に浮く。。



何とか最悪の事態は免れましたが

肺の機能は罹患前には戻りません


***************


原因は

低用量ピルによる

静脈血栓症です


生理痛がひどく、約8か月間

摂っていたそうです



ーその日最終電車に間に合わなければ

ーその夜救急にかからなければ

ー仕事が終わってからと電話を切っていたら


考えれば考えるほどに

怖くなります


ナイトドクターに感謝^^




低用量ピルは

人工的に合成されたホルモン剤です

これらの主成分である

ドロスピレノンは血液凝固を促すという

副作用があります

結果血栓を誘発する危険性が高いもので、

海外では多くの訴訟が起きています


人体のホルモンを人為的に操作することは

それなりの危険を伴う事


「みんな飲んでるから大丈夫」

「アメリカでは普通の事だから」

「お手軽だから」


という安易な風潮がとても怖い事だと思います

今だけ良ければいいというのは

とても幼稚な考えと思います


それはこの度のワクちゃんにも

通じますね😿



当ホメオパシーセンターでは

月経困難の原因からアプローチしていきます

よろしければご相談ください




☆ホメオパシー相談会のご予約を受け付けております☆ →詳しくはこちらから☆











0件のコメント

最新記事

すべて表示