​ホメオパシーって?

日本語では同種療法といいます

 

ホメオパシーは今から200年程前、ドイツ人の医師サミュエル・ハーネマンによって確立された療法で、「同種療法」と訳されます。

 身体だけでなく、心、魂にも働きかける事ができる自然療法として海外では広く知られています。

 英国、フランス、ブラジル、インド等では公的な医療保険制度が適用されているなど、世界で推定10億人が親しんでいるポピュラーな療法です。

​詳しくは→こちら

同種の法則

 

ホメオパシーは「ある症状を引き起こすものは、その症状を取り去るものとなる」という「同種の法則」を基本としていますが、実は、そのアイディアは古くから親しまれている民間療法にも窺い知ることができます。

例えば、喉が痛い時に、喉がヒリヒリする生姜湯を飲むと和らいだり、焼いたネギを首に巻くと楽になる、熱が出た時には、より体が温まる玉子酒を飲んだり、たくさん布団をかけて寝ると良くなったり。

ひりひりした痛みには、より痛みを起こす物を、熱にはより熱をおこすものを当てがい、自然治癒力を触発させるという、まさしく同種療法=ホメオパシーなのです。

ホメオパシー海外事情

 

イギリスやフランスでは医学として保険診療適用され、インドのマハトマ・ガンジーはホメオパシーをインドの第一医学としてホメオパシーを位置づけました。イギリス王室ではホメオパシーを取り入れています。またヨーロッパの多くの街のドラッグストアには当たり前のようにホメオパシーのレメディーやその関連商品を手にとり、購入することができます。

 このように、ホメオパシーは補完医療として、または代替医療として、実に80か国以上の国で使われています。

​ 近年、有名なパフォーマーやセレブの方々の愛好者が続々報告され話題になっています。

お勧めの理由

 

◎医薬品ではないので、子供、妊産婦、ご老人でもどなたでも専門家のもとで安全に利用する事ができる

◎自然治癒の力を最大限に高め、活力がわいてくる

◎必要に応じてデトックス効果もある

◎身体だけでなく精神的な問題にも対処できる

◎常習性(中毒性)が無い

◎病気の傾向を知り取り除くことが出来る

◎気持ちが前向きになり拘らなくなる

 

◎自分では無いものが自覚できるようになる(子供はその子らしさが増す)

などなど沢山あります。

心と身体に優しく働きかけるホメオパシーを生活の中に取り入れてみませんか?