S.バナジー博士講義スタート!

風薫る5月のはずが、

夏のような暑さが続いています💦


それでもここ神奈川県湘南地方では、朝晩涼しくて

散歩に出ると、夕涼みのような清涼感を満喫しております~🎐




さて、すっかりご報告遅れましたが


インド人医師ホメオパス、サプタルシ・バナジー博士による講義が先週末より始まりました(^O^)


何故インド?


インドではホメオパシーは国の第一医学に認定されています。

もちろん、保険適用が受けられます。


いいなー。日本でもぜひぜひお願いします。


あちら、国の第一医学という位置づけですから。


インド建国の父、マハトマ・ガンジー(1869-1948)もこう言い残しています。


「ホメオパシーは経済的かつ非暴力的に患者を治療するための、最も新しく、最も洗練された手法である。(中略)ホメオパシーはほかのどのような治療法と比べても、高い治癒力を示しており、紛れもなく安全で、経済的で、最も完成度が高い医学だ。」

(Das,1950;All India Homeopathic Medical Conference,1968)*


インドは1948年までイギリスの統治下にあったこともあり、

古くからホメオパシーはインド古来のアーユルヴェーダと共に広く浸透してきたわけです。


S.バナジー博士について


S.バナジー博士は、インド・コルカタにて、代々続くホメオパシーのクリニックの5代目として生を受けた、ホメオパスのいわばサラブレット☆彡です。


クリニックを開業する傍ら、スラムクリニックや農村で、慈善診療にも携わっておられ、


毎日、平均なんと、約50名の患者に対し、ホメオパシーを提供されています。



毎日ですよ、毎日50人・・


最初の来日の際は、若いし、どうなのかな?なんて思っていましたが(ごめんなさい)


ほんとに、ごめんなさいm(__)mm(__)m



●あふれる知識、知恵、智慧、どこから!?●


注:バナジー先生ではありません

そんな、バナジー先生の講義は、

バナジー家5代にわたる臨床の、

経験、知恵の賜物です。


何を質問しても、


明確で納得のできる答えが返ってくる。




実践的で、例えば


「Carc.を用いる場合は、感情が合致していないと作用しないよ

Forbisterが言ってるんだけどね」


とか、「Bac.とTub.の鑑別点はね・・・・・・・」


とか、鼻ほじる

レメディーベスト3はとか


症状を言いながら泣き始めたら、可能性のあるレメディーは7つ

(だったっけかな)


眼瞼下垂の場合、考えられる3つのレメディーはこうで、

Gesl.の場合、バランス不足で統合が取れないからこうなる・・云々


出典も含めて出てくる出てくる、スラスラ、スラスラ~



・・・素晴らしさを書き表せなくて、悔しいばかりですが


かぶりつきで一言一句逃すまい!!


の勢いで吸収しております。


ああ・・柔らかい脳みそが欲しい(〃ノωノ)



一度先生の困った顔を拝見したいものだと


つい、思ってしまったのでした。


重ねてごめんなさい。














0件のコメント

最新記事

すべて表示