英国のホメオパス・ヒラリー・ドリアン先生の講義~雑感

清々しい陽気のこの週末、

ホメオパシー赤羽ゼミさんが主催のセミナーがあり、

参加してきました。


英国で35年にわたりホメオパスとしての活動に加え、

22年間、多数の国のホメオパシースクールで教鞭をとられてきたドリアン先生。


講義の内容も実践的で素晴らしく、

実際のケースからの学びも大きかったです。


また、彼女がとてもホメオパシーを愛していること。


ホメオパシーの、人々への貢献にワクワクし、

情熱を感じ続けているのが伝わってきて、

何かが胸を打ちました。



自分の中にある《凝り固まった》《こうであるべき》というホメオパシーに

新しい風が吹き込んで、光に満ちた心地の良いエッセンスが残る


みたいな(笑)



『いつもあなたのクライアントに真摯に、全身全霊で向き合うこと』


当たり前なのですが、

臨床35年のこの言葉は深い。


自分の中に凝り固まった考えや特定の価値観を持っていたら、

真摯に向き合っているつもりでも、

そこには自分の投影が入りますもんね。



全霊で、レメディー選びます。


ヒラリー・ドリアン先生





0件のコメント

最新記事

すべて表示