自分の考えを信じる時

日本は梅雨の季節。


ジメジメ、雨ばっかり、洗濯物は乾かないし


「ゆううつ」


・・・という「考え」が浮かびます。


でもね、


庭先では植物たちが新芽🍃をいきいきと輝かせているのに気づくと


何やら嬉しい✨



ジギタリス(キツネノテブクロ)は心筋の弱さや拡張、心臓病を伴う黄疸などが特徴です



まだ、10代の頃、「タオ」という言葉になぜか惹かれて手に取った

太陰太極図(陰陽マーク)表紙の怪しげ~な本


「タオ自然学」


カプラという人が書いた本で、ワクワクしながら読みました。


その中に、日本の雨乞いの話がありました。


困りはてた農民たちが、禅の師(確か💦役小角=えんのおづぬ)に

なんとか雨を降らせて!!と懇願したところ


師はただただ、なんにもしなかった


というおはなし。




話は飛びますが、

例えば私が癌だと宣告されたとして


「きっと死んでしまうわ」

「癌になったのは~のせいだわ」

など

未来や過去に思いを馳せ、


思い浮かぶさまざまな考えを信じた時


(多分、こうなってしまうやろうと思うけど)


自暴自棄になり、何も行動を起こせなくなるか


半狂乱になり、来るもの拒まずあらゆる手段を使おうと躍起になるでしょう


(いや、ぜったいそうなる(;^_^A)



さて、


「きっと死んでしまうわ」

「癌になったのは~のせいだわ」


という考えは、

今のところ「幻想」に過ぎません。


その考えは、私を苦しめ、混乱させはしますが楽にはしてくれません。



「タオ」は


癌がある現実を、ただ受け取り(敵と見做さず)


できる最善の対応をただ模索します。

決して何もしないということではありません


そうすることで、


癌になった事で「良い事」に気付ける可能性だって持ちえます。

(ここでホメオパシー登場か??)




苦しいですがーー


一旦その「考え」との間に隙間をつくり、


問いかけてみてください。



ーーー「この考えは本当だろうか」



苦しみは、その考えを信じた時から始まっていませんか。


その考えは、現実に抗ったものではありませんか。




前述の役小角は、


自然を受け容れ一体になったからこそ、結果


「雨を降らせることができた」そうです。

                      ⊛諸説あります・・。

0件のコメント

最新記事

すべて表示