相談会で出されるハーブ・マザー・ティンクチャーは何のため?

健康相談会で、ハーブのマザーティンクチャーをお出しする事があります。

レメディーのみの場合も多いですが、ご質問を受けたのでお答えしますね。


マザーティンクチャ―(MT)とは


植物をアルコール漬けにして得られる抽出液(母液)の事で、記号はφ(ファイ)ギリシャ文字で表されます。


アルコール度数は、抽出する成分によって適切な度数があるようですが、

れっきとしたお酒、ハーブ酒です🍸


得られた母液を植物成分の濃度10%に調整されているものが多いです。


10%=10倍に薄めている=1X(10倍希釈)


ということになります。



通常のレメディーの場合、100倍希釈法(100倍に薄める)を30回繰り返し、30Cとなり


LMポーテンシーの場合、5万倍希釈法(5万倍に薄める)を1回でLM1となります。



比べてみると、MTはより物質に近い、いえ、物質そのものですね。


レメディーは希釈(薄める)だけではなく、振盪(叩く)も繰り返しているので

その作用はバイタルフォースに届きます。

結果的に身体全体に作用していきます。



φMTはどのレベルに作用する?

叩いて摂る必要がある?


肉体レベル(身体の組織、物質レベル)にのみ作用します。


臓器の物質的な機能低下や変性がある場合

顕著な栄養不足がある場合


物質→物質(身体)にダイレクトに働いてくれるものです。


なので、基本、叩きません!


叩くということは、ポーテンシーを上げることであり、意味がありません。

むしろ、物質レベルへの作用を留めるため、

水で薄めたら静かに混ぜてそのままおとりください。


(レメディーがコンビネーションされている場合などを除きます)


基本的なとりかた


MTの種類や身体の状態により異なりますので

ホメオパスに確認してください。


基本的な目安は


1日1回10滴を適量の水(~500ml)で薄めてとります。


お子様は半量




種類によっては、長期服用を避けたほうが好ましい場合もありますので

担当のホメオパスにお尋ねくださいね。


カレンデュラのお花畑









0件のコメント

最新記事

すべて表示