根本体質がわかる⑤Psor.ソライナム


ここ神奈川では異臭騒ぎが起きていたり、何やら騒がしい昨今ですが、

淡々と進めてまいります。^^;

今日は疥癬マヤズムグループを締めくくる、大元のレメディーをご紹介します。



疥癬ヤズムの主要レメディー


お母さんの安全な暖かい子宮から、外界へ出てきた時の

原初の体験に留まっていると想像してみてください。

Psor.ソライナムさんは、パラダイスから引き離され、

寒さと共に、恐怖と不安の体験に未だ留まっています。

身体は細く、虚弱です。

寒さへの過敏さが見られ、毎冬毎に咳をして喘息を起こします。

また、天候の変化もだめで、嵐が来る前から落ち着きなく症状が悪化します。(=phos)

喘息はベッドから起き上がると悪化し、回復を絶望し死を恐れます。

横たわると楽になります。


皮膚は汚れたように見え、耳の後ろに湿った湿疹があるかもしれません。

家系的にアトピーや喘息、花粉症などがあり、耐え難い痒みがあります。

赤ちゃんは、「痒い」という言葉を一番に覚える子供もいると聞いたことがあります。。


とても寒がりで暖かい衣服にくるまりたがりますが、

ウールのセーターなどを着せようとしようものなら、チクチクするのでとても嫌がります。

洗う事で悪化するため、お風呂には入りたがりません。


花粉症は、毎年定期的に悪化し、喘息を伴う傾向があります。



死肉のような臭いの分泌物


子供は青白い顔をして、繊細。

腸の不活発から便秘気味で軟らかい便も出てきません。

放屁や便、痰、帯下や汗などあらゆる分泌物はとても臭く

腐った卵のような、「死肉のような」臭いがします。


いつでも疲れていて、体力が無く、やろう!という気概が全くありません。

根底にいつも不足感があり、がつがつと飢えたように食べる子供です。


扁桃腺が腫れて、飲み込むと耳のあたりが激しく痛み、

psor.特有の臭い唾液や粘液が沸いて、絶えず咳払いをしている。

(急性症状の改善と、繰り返す症状の傾向を根絶できます)


最も希望が無い、悲観的なレメディー


核となる精神状態は

欠乏への恐れ、捨てられることへの恐れ、貧困への恐れ、失敗への恐れ

最も悲観的希望がありません。  (=Caust Aur)


全ての事のネガティブな側面をみます。

何でも失敗すると思っている。

意志力の欠如

死を恐れている。

病気も治るという希望を完全に失って絶望しています。


Psor.ソライナムの子育て(以下は勝手な感想です)


病気がちで、アレルギーもあり、心配が多くて・・

いわゆる子供らしいお子さんではないかもしれませんが

生まれつきの独特な風貌と感性を持っているソライナムさん。

同じ産院の3800gで生まれた赤ちゃんと比べる必要は全くありません。

Psor.ソライナムさんらしく生きる姿を見守って頂きたいです。



★花粉症の症状が毎春現れる場合、

症状が出る前の例えば1月ごろ、Psor.200Cを数回摂っておくことで

予防になりますが、皮膚症状のある方、出やすい方は症状が悪化しますので

お勧めできません。


☆ホメオパシー相談会のご予約を受け付けております☆

  →詳しくはこちらから☆

0件のコメント

最新記事

すべて表示