根本体質がわかる⑬Bar-c.(バリュータカーブ)

更新日:2021年2月3日

こんにちは。

かなり間が開いてしまいましたが、

本日から3つ目のグループに入ります。

とても感情的に落ち込んでいるグループです。

トップバッターはBar-c.バリュータカーブさん。

結核マヤズム、疥癬マヤズムが優勢なレメディーなので、

腺や皮膚の症状が出やすく、

Calc-c.やSil.よりも

かなりゆっくりとした発達がみられます。

では、見ていきましょう。


発育の遅れと腺の問題

バリュータカーブは特に子供と老人に良いとされるレメディーです。

バリュータカーブの赤ちゃんは体重が増えず、発育の遅れ*がみられます。


*その原因とされるものは

・出産時、または直後の外傷、臍の緒が首に巻き付き十分な酸素が脳に行かなかった

・出産時、またはその直後の頭部への外傷による脳内の出血

・幼少期の非刺激的な環境(ネグレクトなど)

・遺伝的影響

 があります。


不活発で、細い手足の割にお腹が大きく、

冷えると毎回、腺(扁桃腺や、アデノイド等)を硬く腫らして炎症をおこして咳が出ます。

冬の間中、ずっと風邪をひきやすい子供(大人も)です。

鼻の粘膜は渇き、上唇と鼻が腫れて、鼻をかむと出血したりします。

鼻呼吸が上手くできずに口を開けているかもしれません。


もしかしたら、器官のひとつが未熟な可能性もあります。

(生殖器が小さすぎるなど)

精神的な遅延も見られます。

バリュータカーブの赤ちゃんは刺激に対して反応が鈍く

笑み、話し始め、歩き始めも遅い傾向です。

その後の社会的成長で必要な技能の発達(字を書く、読む、計算など)といった面でも遅れが出てきます。子供は気が散って、忘れっぽく授業も上の空で集中できません。

理解も行動も全てがスローペースなのです。


知らない人を嫌悪

バリュータカーブさんは、大変内気で大変な優柔不断です。

とてもつまらないことでも決められません。

赤ちゃんも子供もあまり遊びたがらず、不活発に見えます。

知らない人が家に来ると、お母さんや家具の後ろに隠れて出てきません。

特に病気の時はその傾向が強くなります。


思春期のバリュータカーブさんは無気力で鈍い印象です。

顔にはニキビ脂肪腫が出ているかもしれません。


笑われているという妄想と恐怖が芽生え、

いわゆるKYと言われたり、仲間と遊ばず、話すことを嫌がります。

ですが、正常な知性を持ち合わせている場合もあり、

その場合は自分の事を恥ずかしく思い、より自信が無くなっていきます。


性質は頑固で、通常とても非協力的でネイチュミアさんのように内側に引きこもる傾向が強い。これは不安や恐怖心が強い為です。

大きくなっても幽霊や大きな音への恐れなど、子供っぽい恐れを持ちます。


同じカーボン(炭素)の仲間であるカルカーブさんと共通点が多くあります。

不安で内気なの似ていますが、カルカーブさんは説得されれば耳を貸し、良好な交友関係を築くことができます。

ゆっくりですが最後まで確実にやり通す粘り強さがあります。




子供のかかる病気

バリュータカーブさんの感情や根本体質像を持つ子供の、

急性疾患にとても良いレメディーです。

特に、麻疹、腸チフス、おたふく風邪、しょう紅熱など。

それらの疾患罹患後の精神遅滞にも良いレメディーとされています。


血管の問題

バリュータカーブさんの大人では、血管の問題があります。

動脈瘤や動脈硬化症などの心臓症状、高血圧症。

特に若年での動脈硬化症が見られます。

バリュータカーブさんは足の汗が非常に臭いのですが、

心臓症状が、発汗を抑制した悪影響の為に起こります。

(冷気で発汗を止める、汗止めを使う等)


子供っぽい老人

知らない人に会うのをとても嫌がる子供っぽい老人の認知症

ささいな事を決断できないなど、バリュータカーブさんの像がみられます。

言語障害、不自然な話し方。

早すぎる老化、脱毛(禿げ)の傾向。

他人の疑いの目を恐ろしく思い、引きこもる傾向があります。

また、腺が影響を受けるので、前立腺炎を起こしやすい人です。



Bar-c.さんの子育て


身体的にも感情的にも未成熟で、何事へも熱意が見られない。

それらに加え、頑固さ、臆病さが大きな特徴になります。

彼らは全てを理解しているけれど、遅いのです。

特に苦手な教科は算数です。


発達が”通常と比べてゆっくりである”という特徴を受け入れて、

良い所をゆっくり育てていく決意を持つことはとても重要です。


横並びの社会では(遅れ)で(不都合な事)かもしれませんが、

ひとつひとつある個性のひとつに他なりません。


多くの症例において、

実践的能力を適切に伸ばしているバリュータカーブさんを見つけることができます。

実社会で時間をかけて内外に対する信頼と洗練を発達させている人もいます。

ただ、相変わらず暗算はできなかったり、お皿の上でぐちゃぐちゃと食べ物を混ぜ合わせて食べるなどの子供っぽい行為が残る事も多いそうです。


発達がゆっくりだと気づいた早い時点でホメオパスをお訪ねください。


☆ホメオパシー相談会のご予約を受け付けております☆   →詳しくはこちらから☆




0件のコメント

最新記事

すべて表示