新型コロナ予防にホメオパシーを使用/キューバ政府

更新日:2020年4月30日

2020年4月3日よりキューバ政府は、新型コロナウィルス感染予防にホメオパシーレメディーの使用を始めました。

https://www.homeobook.com/cuba-supplies-homeopathic-medicine-for-covid-19/



使われるレメディーはコンビネーションで、

Prevengho-Vir.

 Anas-ber.(=Oscill.)

 Bap.

 Bac.

Pyrog.

Eup-per.

Influ.

Ars.

がBac.30C以外は200Cで入っているようです。


キューバは社会主義体制というお国柄、ホメオパシーなどの代替療法が認知されやすい国と言えるかと思います。利権もないしね(;'∀')


2017年、キューバ共和国国立フィンレイ研究所 グスタホ・ブラチョ博士の来日講演が鮮明に思い出されます。


以下、講演より

キューバでは毎年ハリケーンが彼の地を襲い、汚染された水の影響により感染症が流行します。

キューバで国が本格的にホメオパシーを感染症予防に取り入れたのは2007年の大洪水から。

(それ以前は西洋医学の薬剤により(ワクチン)対応していた。)

毎年数千人の単位で発症し、犠牲者も出ていた中、

2007年8月ハリケーンの被災者240万人に対し、ホメオパシーのノゾード(病原菌のレメディー)を集団投与。

2007年8月からわずか2週間で罹患者は10人以下、死亡は0人

翌年2008年も死亡者0、感染者数も月10人以下に激減した。


これ以降の罹患率も低水準を保ち、キューバ政府は黄熱病、A型肝炎やインフルエンザの感染予防においてもホメオパシーのレメディーを使っている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回、新型コロナウィルス感染症予防に使われるレメディーはコンビネーションの液体で、

Prevengho-Vir. というラベル

 

コンビネーションされているレメディー

 Anas-ber.(=Oscill.)

 Bap.

 Bac.

Pyrog.

Eup-per.

Influ.

Ars.


Bac.30C以外は200Cで入っているようです。

抗ウィルスと言われるOscill.高熱のレメディー、敗血症のレメディー、インフルエンザレメディー バシライナムは結核菌のノゾードです。

そしてアーセニカム。


結核のノゾードならTub.を使わないのはなぜ?

と思われるかもしれません。


Tub.は喉、扁桃部位の炎症が主であり、それに対して

Bac.は肺の基底部の炎症が主です。


今回のコロナウィルスについては、Bac.が適当な結核ノゾードというわけです。


原料はTub.結核の膿瘍

Bac.は結核の痰



自粛で大変な思いをされている方も多いと聞きます。


今世界で起きている事が、信じられず恐れをなしている方もいらっしゃるでしょう。


外の世界に自分が過剰に反応しているとすれば、何に反応しているのか


こんな時こそ自分を深く知るチャンスでもあります。


もし、自分にとってネガティブなものがあるなら、


それらを手放す絶好の機会にもなり得ます。


少しばかり時間をとって、自分のハートに聞いてみませんか。


来るべき未来は、もう既存の価値観そのままの世界ではないでしょう。


人類(集合意識)が、より自由な愛に満ちた明るい未来を選択していると信じています。




★ホメオパシーセッションを承っております。(zoom skype可)

0件のコメント

最新記事

すべて表示